「成長できる企業」に入って実際成長できました?新卒社員に聞いてみた ~vol.3. 「明るくキラキラした人」になる~

SPARK新卒採用チームSPARK新卒採用チーム

20180112_01

こんにちは!綜合キャリアグループ学生インターンのポチ(大学3年)です!
就活本番を目前にして、「成長できる企業」とは何なのかがわからなくなってしまった私……。成長できるってどういうことだろう?私は一体どんな風に成長したいのだろう??
綜合キャリアグループの諸先輩方にお時間をいただき、ご自身の成長体験や、実際に成長したエピソードを聞いてみるこちらのシリーズ!第3回となりました!

先輩たちそれぞれの「成長」を聞いて、参考にできたらと思います。それでは、インタビューを始めていきます!よろしくお願いします!!

▼ 目次
  1. 新卒2年目の廣橋さんにインタビュー!
  2. 廣橋さんの上司の方にもインタビュー!
  3. まとめ

1.新卒2年目の廣橋さんにインタビュー!

今回お話をお伺いするのは、2016年入社、新卒2年目リクルーティングアドバイザーの廣橋さん。お時間いただきありがとうございます!

――学生の頃、どういった「成長」を目指して就活をしていましたか?

私はどちらかというと人を重視して探していました。自分がこうなりたいと思う人がいる会社がいいなと思っていたので、就職活動のイベントや会社訪問には頻繁に足を運ぶようにしていました。ある日、当社のブースに出会って、そこにいらっしゃったSPARK(人事)の方の雰囲気がとても明るくキラキラしていて。私もこの会社にはいれば成長出来るのではないかと感じて、決めました。

――明るくキラキラ……って、どんな感じですか?

漠然としてますよね(笑)。そのときは本当に「明るくキラキラ」って思ったんです。今思い返してみると、まず、学生の私たちに対してもハキハキ笑顔で挨拶してくれて第一印象がよかったなぁということと、その後の説明を聞いているとすごく会社や仕事のことを楽しそうに話すんですよね。説明なんだけど説明的じゃないというか。仕事を楽しんでいて、活き活きと働いているように見えました。

――じゃあ、あんまり事業内容とか仕事内容は重視してなかったんですか?

正直、はじめはそんなにこだわりはなかったです。ただ、説明会で話を聞いたときに、「こういう人と働きたい」と思った会社が人を扱う会社なんだと知って、やけに納得してそこから人材業界について調べていった感じですね。

20180112_02

――実際に入社してみて、成長したなと思う点を教えてください。

入社前は人前に出て話すのが苦手だったんですが、日々の営業活動を経て様々な人と話して、いつのまにか話すのが好きになっていることに気付きました。

――営業さんなのに話すの苦手だったんですか!?

そうです(笑)。そういう人もいますよ!特に私は、営業がやりたい!というよりも、さっき話したように人に憧れて入社を決めたタイプなので、そうなのかもしれないです。でも、周りの先輩や仲間に恵まれていたからか、苦手なことにチャレンジするのもそんなに苦にならなかったです。日々沢山の人と関わっている事が自身の成長に繋がっているんだなと感じます。

――そういうものなんですね。やっていれば好きになります?

うーん……私は食わず嫌いは言わないほうなので、とりあえず食べてみたらいけた、という口ですね。あとは営業もそうですけど、採用活動に携わらせていただいたり、こうして学生さんとお話する場面があって、入社前のことや自分のことを振り返る機会が増えたことも大きいですね。なんでこの会社に入ったんですか?とか聞かれるじゃないですか(笑)。ちゃんと相手が腑に落ちるように伝えなきゃって。

――すみません(笑)。本音で答えていただいて嬉しいです!

私、嘘はつかないようにしてるんですよ。企業様に対しても、スタッフさんに対しても、学生さんに対しても。たとえば、「僕のこと好きですか?」って聞かれたとして、「好きです。」ってだけ答えると嘘になっちゃうかもしれないですけど、続けて「柴犬みたいなつぶらな目がチャーミングですよね。」とか、「いつも私がテンパッてるときに助け舟出してくれて尊敬してます。」とかなら嘘ではないじゃないですか。伝え方のレパートリーが増えたのは成長したところだなって思います。

20180112_03

――当初思い描いていた「明るくキラキラした人」になれましたか?

どうでしょう?どう見えますか?(笑)。

――とっても明るくてキラキラした人だと思います!!

ありがとうございます。嬉しいです!

2.廣橋さんの上司の方にもインタビュー!

20180112_04

上司の前田さんにもお話を伺ってみました。

――上司の前田さんから見て、廣橋さんの成長度はいかがですか?10段階評価で教えてください。

入社時2→現在6でお願いします!

――成長率の内訳をお聞きしてもいいですか?

まず入社当時は、少し引っ込み思案というか、先輩の影に隠れていた印象がありましたね。本人も人前に出て話すのが苦手だったと言っていますけど、その通りで。

――そこから何か成長につながるエピソードがあったんですか?

2年目の4月、ブロックで新卒歓迎会を企画することになったんです。そのとき、廣橋さんから「幹事やりたいです。」と手が挙がって。幹事って正直、面倒なことも多いじゃないですか。出し物の進捗確認をしたり、同期や先輩にお願いや依頼をしたり。でも、廣橋さんは自分から進んでスケジュールに乗るように動いていましたし、何よりも自分が体感した歓迎会を後輩にも感じてもらいたいという思いを強く感じました。もう、獅子奮迅の活躍ですよ。当日の歓迎会ではバイトレ代表の川村さんにもお越しいただき、新卒からは感激の声が上がりました。
その後くらいからですね、その姿勢が業務にも表れてきて、今ではブロック1受注を取れる人になりました!

――そんなきっかけがあったんですね!ブロックNo.1ってすごい…!

みんなはじめは小さなきっかけだと思いますよ。一歩踏み込む、思い切って動いてみることで成果を実感できるから、それが自信につながって行動が変わっていくんじゃないでしょうか。

20180112_05

――前田さん、廣橋さん、ありがとうございました!!

3.まとめ

今回インタビューした廣橋さんが就活時に思い描いていたのは、当時出会った「明るくキラキラした先輩」のように成長することでした。実際に私がお会いした廣橋さんも、笑顔が素敵で、ハキハキしていて、気遣いができて……とてもキラキラしていて素敵な方でした!!
私は今まで「どんな成長がしたいか」と頭を悩ませていましたが、ここでウンウンと悩むよりも、イベントや企業に足を運んで、「こうなりたい」と思う人を見つける方法もあるんだなぁということも、教えていただきました。

最後に、廣橋さんから印象的な格言をいただきましたので、それで締めたいと思います。

アノネ
がんばんなくても なやまなくてもいいからさ、
具体的に動くことだね

あれ?なんか、どっかで……

綜合キャリアグループのキラキラした先輩たちに話を聞きたい方はこちらもご活用ください!

指名制OB・OG訪問はじめました。

会社説明会兼1次選考会 過去・現在・未来と人材業界の時流を読み解く、新感覚プログラム
会社説明会兼1次選考会
詳しくはこちら

★☆★ あなたが選ぶ!指名制OB・OG訪問やってます ★☆★
指名制OB・OG訪問はじめました。

同じ出身大学の先輩でも、違う大学の先輩でも、
あなたが話を聞きたい先輩社員を指名して訪問することが出来ます。
詳しくはこちら