OBOG訪問のやり方って?今すぐ始められる3つの方法

SPARK新卒採用チームSPARK新卒採用チーム

就活のやり方は数多あれど、人脈が大きくモノを言うのも事実。

その中でもOBOG訪問は、年々意義のある就活プロセスの一部となりつつあります。

ただ、現実的にOBOGへの訪問を進めた就活生は3割ほどに過ぎず、まだまだ一般化しているとは言い難いのかもしれません。

それでも、重要性が高まるのは必至ですので、今回はこれから就活を進める学生さんのために、OBOG訪問のやり方をいくつかご紹介していきます。

▼ 目次
  1. OBOG訪問のやり方~その1~学校の就職課
  2. OBOG訪問のやり方~その2~ゼミやサークル
  3. OBOG訪問のやり方~その3~ネットの活用
  4. OBOG訪問に便利な当社のサービス
  5. OBOG訪問で気を付けるべきポイント

1.OBOG訪問のやり方~その1~学校の就職課

20180509_01

●OBOG訪問では一番手軽なやり方

まず、OBOG訪問について最も手軽なやり方をチェックします。
皆さんの通われている学校には【就職課】が存在しているはずですが、実はそのOBOGの関する情報を彼らは提供してくれるのです。

逆に言うと自身でリサーチなどをせずともすぐに紹介してもらえる手軽さがあり、毎日学校に通われている学生さんほどその利便性に気付くことでしょう。

●紹介してもらえるOBOGの数が豊富

特に大きな学校になると卒業生も多く、いろんな分野で活躍しているOBOGもいるはずです。
そのため、特定の業界について紹介してもらえる卒業生の数も多くなり、就活において業界の実態を把握するためには有利に働きます。

また、各学校には同窓会も存在していますので、歴史のある学校ほど地位の高いOBOGに出会える確率も上がっていくでしょう。
就職課に勤めている職員も入れ替わりが少ないこともあって、情報蓄積も着実に行われるのでOBOGの斡旋にはとても頼りになる場所なのです。

2.OBOG訪問のやり方~その2~ゼミやサークル

●OBOG訪問では最もリラックスできる

次にOBOG訪問のやり方として、ゼミやサークルを活用することも良いでしょう。
もともと友達感覚でいた卒業生などが在籍していたこともあり、彼らが就職後にOBOGとして世話をしてくれることもある訳です。

気心の知れた先輩であるという立場もあって、彼らの職場の先輩からも同時に話を聞くことも可能になり、訪問によって思わぬ人脈を築くことができるというメリットも存在します。

最初から面識のなかったOBOGとは異なり、リラックスした状態で訪問できることでしょう。

●業界や企業での実情を理解しやすい

そして、このリラックスした訪問は業界への理解もスムーズに成し遂げられます。
OBOGとして受け入れてくれる身近な先輩からも業界の実情などを惜しみなく教えてもらえることもあり、収集できるのが客観的な情報に止まらないことも魅力かもしれません。

就活生自身も多様に質問しやすいのもこの訪問パターンで、本当の意味での人脈を活用したやり方になるのです。

3.OBOG訪問のやり方~その3~ネットの活用

20180509_02

●就活サイトでもOBOG紹介している

近年のOBOG訪問になると、ネットを活用したやり方も大きく伸びてきています。これは、ネットでOBOGを直接探すこと以外に、就活サイトなどでもOBOGを紹介してくれるからです。特に有名なサイトになるとOBOGのサーチ機能も備えていることもあるようで、有力な人脈などを持たない就活生にとっては役に立つ方法となります。

就活サイトでは専門スタッフによるOBOGへの取材を進めており、そのおかげでその人物に訪問アポが取れたなどのメリットもあるでしょう。

●幅広い業界でのOBOGを網羅できる

ネットでのOBOG探しは、就活サイト経由を除けばリアルに自分の脚で探すことと何ら変わりなく、人から直接紹介してもらうよりもより広い業界の先輩たちを訪問しやすいでしょう。時として他の就活生ではアポが取れず、そのことがネットで根気よく探して訪問できたことの喜びにもなります。

そして、訪問できたOBOGが所属する企業が思わぬ自分に合った職場で、意外な縁に出くわすこともあるのです。

4.OBOG訪問に便利な当社のサービス

●OBOG訪問に便利な当社の取り組み

・MEET UP!あなたが選ぶ「指名制」OB・OG訪問(https://sougo-group.jp/newgrads/recruit/obog/)
当社の社員約20名のOBOGの中から最大3名まで選択し、応募することが可能。また、「会える社員ラインナップ」でパーソナリティが紹介されているため、事前にその人の雰囲気を知ったうえで応募→訪問できる。

・インタツアー(http://intetour.jp/)
「就活支援金」が貰えて、1~2年生でも参加できる、今までになかった嬉しい就活。OBOG訪問専用のサービスではないですが、多くの企業の“ここだけの”インターンに参加することができ、そのほか多くのメリットがあります。

5.OBOG訪問で気を付けるべきポイント

●アポ取りから訪問日程は始まってる

さて、OBOG訪問については多くの方は訪問後が勝負と思われているかもしれませんが、実際のところはアポ取りからすべてが始まっています。アポの方法は相手によって取るべき方法が異なり、職種によってはメールが適さず、電話をするしかない場合もあるのです。

就活生にとっては電話するという行動がストレスに感じることもあり、アポ取りさえも苦労するケースも大いにあります。
特にメール慣れしている現在の就活生は、基本的な電話対応能力を早急に身に着けるのがおすすめです。

●あらかじめ質問事項は準備しておく

訪問時に気を付ける細かい部分について、質問する事項についてはあらかじめ整理しておく、若しくはアポ時に先方へ伝えておきましょう。

訪問のために時間を割いてくれると言っても、仕事の時間を犠牲にして進めてくれることもあります。所属する職場の理解もあって進められることさえもあるので、気遣いとして質問内容を先に知らせておくと喜ばれるからです。

そして、実際の訪問時により深い内容の質問を追加で準備するなどであれば好感度も上がります。

会社説明会兼1次選考会 過去・現在・未来と人材業界の時流を読み解く、新感覚プログラム
会社説明会兼1次選考会
詳しくはこちら

★☆★ あなたが選ぶ!指名制OB・OG訪問やってます ★☆★
指名制OB・OG訪問はじめました。

同じ出身大学の先輩でも、違う大学の先輩でも、
あなたが話を聞きたい先輩社員を指名して訪問することが出来ます。
詳しくはこちら