人事のプロを支援するポータルサイト「HRプロ」に対談記事が掲載されました

トピックス

HRプロに服部准教授との対談記事が掲載されましたHRプロに“採用学”の第一人者・神戸大学の服部准教授と、
学生就業支援センター代表取締役社長 作馬との対談記事が掲載されました。

〇サブタイトル
『採用学』の第一人者・服部泰宏氏と
学生就業支援センター代表・作馬誠大が特別対談『「自分と企業の価値観の一致」を重視する学生たちに発信していくべき2つの要素とは?』

『採用学』第一人者として知られる神戸大学大学院准教授・服部泰宏氏と、株式会社学生就業支援センター代表・作馬誠大の対談記事が、
人事のプロを支援するポータルサイト「HRプロ」に掲載されました。
対談は『「自分と企業の価値観の一致」を重視する学生たちに発信していくべき2つの要素とは?』をテーマとして、
研究者とサービスベンダーという異なる視点から意見を交わしました。学生の価値観の変化や、
採用のオンライン化でそぎ落とされてしまう情報など、近年の新卒採用の共通課題について深掘りしています。
(同記事は「HRプロ」サイトから無料で閲覧出来ます。)

記事ページ
https://www.hrpro.co.jp/series_detail.php?t_no=2587

対談では新型コロナウイルスやテクノロジーの発達などを背景とした「働き方」「働く価値」の変化が、学生の就職活動、企業の新卒採用活動にもたらしている様々な課題について、研究者とサービスベンダーという異なる視点から多面的に意見を交わしています。

対談者

■服部 泰宏氏
神戸大学大学院 経営学研究科 准教授滋賀大学専任講師、同准教授、横浜国立大学准教授を経て、2018年4月より現職。
日本企業における組織と個人の関わりあいをコアテーマに、経営学的な知識の普及の研究。
日本、アメリカ、ドイツ企業の人材採用に関する研究などに従事。
2018年以降は、企業内で圧倒的な成果をあげる「スター社員」に関する研究も行っている。
2010年に第26回組織学会高宮賞、2014年に人材育成学会論文賞、
2016年に日本の人事部「HRアワード」書籍部門最優秀賞受賞。
2019年に日本の人事部「HRアワード」書籍部門入賞、
2020年に労務学会賞(学術賞)および,労務学会賞(奨励賞)を受賞。

主な著作物
『採用学』2016年
『組織行動論の考え方・使い方 — 良質のエビデンスを手にするために』2020年
ほか共著等多数

■作馬 誠大
株式会社学生就業支援センター 代表取締役社長2020年より、株式会社学生就業支援センター 代表取締役社長に就任。
同社では学生の日本最大級の企業インタビュープラットフォーム『インタツアー』を展開し、学生のより本質的な就活とOne to One の共感を採用ブランディングにもたらす支援を行っている。

対談記事の全文はポータルサイト「HRプロ」からダウンロードページから閲覧できます。

ダウンロードページ
https://www.hrpro.co.jp/download_detail.php?ccd=01138&pno=5